キース・エマーソン日本語公式ブログ KEITH EMERSON OFFICIAL BLOG IN JAPANESE


エマーソン、レイク&パーマ-/EL&P, ザ・ナイス/The Niceのキーボード・プレーヤー/作曲家、キース・エマーソンの情報を日本語で。 公式サイトwww.keithemerson.comとKeith Emerson事務所の運営。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キース・エマーソン & グレッグ・レイク - ライヴ・フロム・マンティコア・ホール 

E--L-Manticore-Hall-Live-CD-Cover-with-Obi-no-sig.jpg
KEITH EMERSON & GREG LAKE - LIVE FROM MANTICORE HALL
キース・エマーソン & グレッグ・レイク - ライヴ・フロム・マンティコア・ホール 

☆SHM-CD
  ☆紙ジャケット仕様 


1. FROM THE BEGINNING フロム・ザ・ビギニング
2. INTRODUCTION イントロダクション [グレッグ・レイクによるMC]
3. I TALK TO THE WIND 風に語りて
4. BITCHES CRYSTAL ビッチズ・クリスタル
5. THE BARBARIAN 未開人
6. TAKE A PEBBLE  石をとれ
7. TARKUS タルカス
8. C'EST LA VIE セ・ラ・ヴィ
9. PIRATES  海賊
10. MOOG SOLO / LUCKY MAN モーグ・ソロ/ラッキー・マン

EL_AltanticCity_Mari-Kawaguchi_15May10_c_FB.jpg

元エマーソン・レイク・アンド・パーマー(EL&P)のメンバー、キース・エマーソン(Key)とグレッグ・レイク(Vo,B)によるユニット、エマーソン&レイクのライヴ・アルバム。2010年5月8日、米コネチカット州リッジフィールド・プレイハウスにてライヴ・レコーディング。EL&Pの名曲を中心に、キング・クリムゾンのカヴァーまでも収録、全編アコースティック・アレンジによるハートウォームなステージが堪能できる作品。 (C)RS

KING CRIMSON、PINK FLOYD、YES等とともにプログレッシヴ・ロック史に名を残すバンドとして知られるEMERSON, LAKE & PALMERは、 1970年から1980年までの間、「TARKUS」、「PICTURES AT AN EXHIBITION」、「TRILOGY」といったロック史上に残る名盤を残し、 今日まで後続に大きな影響を与える。しかし、1978年に発表された問題作「LOVE BEACH」、 1977年に行われたライヴの模様を収録したライヴ・アルバム「IN CONCERT」(1979年)を最後に、1980年に解散を発表する。 その後、キース・エマーソン(KEY)はソロ・アルバムや映画音楽等を制作、1983年には日本の大作SFアニメとして知られる「幻魔大戦」の音楽も手掛けている。 グレッグ・レイク(B, VO)はゲイリー・ムーアとの活動を中心に行い、また、カール・パーマー(DS)はASIAに加入し大成功を収める。 1991年にEL&Pは再結成しスタジオ・アルバム2枚を残し、1997年までライヴ活動も行うが、その後は個人の活動がメインとなり、 2010年7月のライヴを最後に実質解散状態となる。そしてほぼ同時期の2010年4月より、 エマーソンとレイクは2人で往年の名曲を演奏するツアーをスタートする。このツアーは日本でも企画されたものの、 直前のエマーソンの病気のためキャンセルされている。

  Marquee Inc. All rights reserved.

EL_Houston_Mari-Kawaguchi_2May10_a_FB.jpg

 photo amazon_logo_RGB_150x54_web_zps60700bd2.jpg
日本版をAMAZONから購入:「ライヴ・フロム・マンティコア・ホール」

 photo amazon_logo_RGB_150x54_web_zps60700bd2.jpg
輸入版をAMAZONから購入:”Live from Manticore Hall”

 photo itunes-logo_JAPANESE_white-on-black_141x46_web_zps74eeffdc.jpg
iTuneからダウンロード:"Live From Manticore Hall"

___________________________________________________________________

レビュー

***** いやあ、すごい

グレッグのボーカルもかすれている・・なんて噂にあまり期待しないで聴いたCDですが、いやいやすばらしい。フロムザビギニングやトークトゥーザウインドのピアノイントロは、何の歌が始まったか全くわからないほど今まで聴いたこともなく、二人で相当な時間の打ち合わせがあっただろうなと思わせる、すばらしい内容です。グレッグのボーカルもすばらしいです。ピアノメインでドラムレスはとても新鮮で、タルカスなどはずっとアコースティックピアノですよ、すごいです。emo活動停止などと悲しいニュースが流れていますが、日本にちょろっと来てちょろっと演奏してください。お願いです。

—————

****幻の日本公演の演奏

ドラレスながら、二人で円熟の演奏をしています 日本公演のチケットを購入しましたが、キースの病気の為中止となったのが本当に残念です。
カールもエイジアを優先してELP復帰はなさそうだし、キースもライブ活動は無理そうだしエマーソン・レイク&パーマー絡みの最後のライブ盤かも知れないです。

Keith_Emerson_and_Greg_Lake_Vrs_1_22816_AMZ.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/09/29(月) 13:38:20|
  2. CD/DVD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2プロフ

FACEBOOK

Official Page
- "Like" for more photos & the latest updates


KEITH EMERSON's Facebook Page

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

KEITH EMERSON (38)
コンサート (2)
CD/DVD (2)
グッズ (1)
EL&P (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。